あかばねログ

ナレーター(たまに声優の)赤羽根美香のブログです。

ライフハック

どうも最近、日記の間隔が空きすぎです。
せめて二日に一回は書きたいところ。
こういうのって、ダイエットと一緒で挫折するとみるみる転落するんですよね。

さて、昨日はとある収録に行って参りました。
またまた、内容はかけないのですが久しぶりに叫びまくっていました。

私は元々、舞台系から喋り手に転身したのですが、関東に来てからは
声優をやる年齢じゃないとか言われたのでナレーターをメインにやっていました。
ナレーションと演技は同じ「喋り」のようですが、やはり方向性が全く違います。
イメージとしては演技は前のめりに進む感じですが、ナレーションはややブレーキを
かけて前進する・・・・・・といった感じ。

なので、久しぶりに演技をすると一回で「バン!」と勢いのある芝居が出ないことも。
人にもよると思いますが、自分の場合は、やり過ぎになるので、抑えちゃうんですよね。
ともあれ、時間内に収録がちゃんと終わったので一安心です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日記を三日空けてしまいました。
版下制作の仕事で表紙デザインの段階に入っています。
悩んだ結果、元絵を生かしつつ、デザインする事に決定しました。
後は、試行錯誤しながら作業するのみです。

大体、頭の中に「こうしよう」というアイディアはあるのですが、
実際に組んでみるとイマイチだったりします。
そこは一晩くらい置いて様子を見ると新鮮になれて良かったりします。
なんとかいい感じになって来たと思うんだけど絵を紹介できないから
ジレンマです。入稿が終わったら公開できると思います。

さて、明日は火曜日に収録があるので、またまた、台本の最終チェックを
してから作業の続きをします☆

一つ困ったことが。
印刷屋さんを変えようと思ったら、新書サイズが5ミリ程、最初のところより
大きめなんですよねえ。版下、全部やり直しになりそうです。
設定を変えると色々、ずれてくるので、また、ちゃんと校正しないと怖い。
校正して直して、また、それを直してと三回くらいしたら大丈夫なのでしょうか。

とりあえず、そろそろ、喋り手モードに戻ります。
火曜日の夜からまた、制作になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「何の仕事に行って来たんだ?」

と言われそうですが、書けません!
すみません。守秘義務があるんです。
色々な役をさせて頂きました!
今年は何故か声優のお仕事ばかりやっています。

夜からの収録でしたが、何とか終わりました。
でも私たちが帰った後も皆さん、お仕事なさっているのです。
制作の方は本当に大変です。

でも言っていいですか?続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は仕事帰りにInDesignの無料セミナーに参加しました。
思ったより人が多くてビックリしました。
ペットボトルのお茶まで出たよ。

本文版下を作った後での参加だったので、
大体分かるところとこれはいつかは使える!という情報でした。

しかし、Adobeは殿様商売ですよ~。
CCなんか買えません。
私の買った Creative Suite の後継はないそうです。
単品でしかもパッケージ売り無しだと?
毎月分、15000円払えないよ。
オンリーワン商売はうらやましい!
ユーザーとしてはたまりませんが、こういうご身分になってみたいものです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は終日、版下制作の表紙用イラストに取りかかっていました。
描いたのは私ではないのですが、色々と手を入れる必要があります。
紙原稿は切抜き作業が地獄のようなので、デジタルデータが嬉しかったりします。
マジックワンド選択で消したとしても、消した境目の領域に「フリンジ」が出るので、
手動で綺麗に消して行きます。
最初にアナログで描くかどうかの確認をしなかったのが失敗でした。トホホ。

裏面用の絵は小さく載せるので、原版をそのまま使用し、背景と合体させることに。
全部、塗り直ししていたら、とてもじゃないけれど時間も相当かかります。
「捨てるところ」「活かすところ」を判断して、作業を急がなければなりません。

次回からは「完全原稿」必須ってところですね。
「デジタル」作業は際限なく作業が出来てしまうのが欠点でもあるのでそこはある程度、
仕事ならば緩急つけてやることがコツかも。

さて・・・・・・問題の表紙側のイラストですが、やはりクリンナップが必要のようです。
これは、面白い物で、絵の上手い・下手ではなく、デザイン的に使えるか・使えないかが
重要になるんですよね。全体のイメージに合う塗り方か加工がしやすいか等々。
時間と予算の兼ね合いがあるので、イラストそのもののクリンナップは無しで、元絵を
活かしたいのですが、表紙側はやはり本の顔。あまり妥協もできません。
どう料理するかは完成してからのお楽しみに☆

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ