昨日は終日、版下制作の表紙用イラストに取りかかっていました。
描いたのは私ではないのですが、色々と手を入れる必要があります。
紙原稿は切抜き作業が地獄のようなので、デジタルデータが嬉しかったりします。
マジックワンド選択で消したとしても、消した境目の領域に「フリンジ」が出るので、
手動で綺麗に消して行きます。
最初にアナログで描くかどうかの確認をしなかったのが失敗でした。トホホ。

裏面用の絵は小さく載せるので、原版をそのまま使用し、背景と合体させることに。
全部、塗り直ししていたら、とてもじゃないけれど時間も相当かかります。
「捨てるところ」「活かすところ」を判断して、作業を急がなければなりません。

次回からは「完全原稿」必須ってところですね。
「デジタル」作業は際限なく作業が出来てしまうのが欠点でもあるのでそこはある程度、
仕事ならば緩急つけてやることがコツかも。

さて・・・・・・問題の表紙側のイラストですが、やはりクリンナップが必要のようです。
これは、面白い物で、絵の上手い・下手ではなく、デザイン的に使えるか・使えないかが
重要になるんですよね。全体のイメージに合う塗り方か加工がしやすいか等々。
時間と予算の兼ね合いがあるので、イラストそのもののクリンナップは無しで、元絵を
活かしたいのですが、表紙側はやはり本の顔。あまり妥協もできません。
どう料理するかは完成してからのお楽しみに☆

■雑談■
HNでブログを書いていた時と違って、どうも「毒」がないような気がします。
やはり顔色をうかがっているような感じがする。
このブログの「色」が出ないのもそれが原因かもしれません。
しかし、キャラ設定って難しいですよね。